トレンドがある時にアービトラージの取引をするメリット

金融取引をする時は、レートの傾向も見極める必要があります。ある程度傾向が見えてくれば、利益率も高まりやすいからです。アービトラージも例外ではありません。システム上タイムラグが発生する事もありますが、きちんとトレンドを見極めていれば、利益も生じやすいです。

大きな利益が生じる事もあるアービトラージ

アービトラージは、基本的には2つ以上の取引所を活用する事になります。例えば取引所AとBがあって、Aでのコインの買いレートは1,000円だとします。さらにBでの売りレートが1,008円なのであれば、Aで買ったコインをBで売る方法もあるでしょう。
この際、かなり大きな利益が生じる事も実際あります。というのも仮想通貨での取引では、比較的大きなお金を動かすことがあります。動かしているお金が大きければ、必然的に利益額も高まる訳です。
上記のAとBのコインの例ですが、確かに1枚程度で取引するなら、利益額は8円程度になるでしょう。しかし1,000枚や1万枚であれば、利益額は8,000円や8万円になります。かなり大きなお金を動かせる事だけは、明らかでしょう。それはアービトラージの大きな魅力の1つです。

時間がかかると価格差も狭くなる

ただ1つ注意を要するのは、AからBの2つを併用して取引するなら、スピードも求められます。ゆっくり取引していると、せっかくの価格差が狭くなってしまう事があるからです。
最初の内は、上記のように8円程度になっていたとしても、6円や4円程度にまで狭まってしまう可能性もゼロではありません。もちろん4円程度になってしまうと、利益額も低くなってしまうでしょう。ですから早めに送金を済ませる方が無難です。
しかし送金の手続きは、すぐに完了する訳ではありません。システム上の問題があり、どうしても時間がかかってしまう訳です。ある程度仕方が無い一面があるとは言え、時間がかかるのは困るでしょう。

トレンドがあると差額も狭まりづらい

しかしトレンドが発生しているなら、また話は変わってきます。上記のような例の場合、上昇トレンドが発生中であれば、リスクが低くなるでしょう。
上昇トレンドという事は、現在は1,008円というレートになっているコインも、1,010円や1,012になる可能性があります。結局はコインの値段が上がってくれる訳ですから、リスクも抑える事ができます。
それを考慮すると、アービトラージはトレンドも見極める必要があります。チャートで簡単にトレンドを見極めるだけでも、リスクを低く抑えることができます。