仮想通貨の色々な取引の種類

仮想通貨には、複数の取引方法があります。大きなリターンを期待している方は、レバレッジの取引を検討している事も多いです。そうかと思えば現物の取引もあります。必要に応じて、使いやすい取引方法を選んでみると良いでしょう。
仮想通貨の現物取引

上述の現物の取引は、ある意味株券に似ています。株券は、もちろん価格が上昇してくれれば利益が発生するのです。
例えば2,600円の時に株券を買って、数年後に3,200円になったとします。そのタイミングで株券を売れば、差し引き600円分の利益を得られる訳です。
実際には手数料なども差し引かれますから、必ずしも600円分の利益額になるとは限りません。しかし売却益によってお金を稼ぐ事は十分可能です。
仮想通貨にも、その株券のような売買スタイルがあります。株のように板というシステムもあります。

レバレッジ型の取引もある

また仮想通貨には、レバレッジ型の取引もあります。現物の取引の場合は、仮想通貨を1枚単位で保有する事になるのです。
例えば1枚につき2,000円の通貨を3枚だけ買う場合は、もちろん6,000円分の資金が必要です。しかしレバレッジ型の取引ですと、6,000円などの金額でなくても問題ありません。少額でも、大きなお金を動かせるようになっている訳です。ハイレバレッジで取引しますと、資産を大きく増やせることも実際あります。
またレバレッジ型の取引は、簡単に空売りできるメリットがあるのです。そもそも上述の現物取引の場合、仮想通貨のレートが上昇した時でない限りは利益が発生しません。しかし空売りで注文した時には、たとえ仮想通貨のレートが下がった時でも利益が発生します。
つまり下げ相場でも稼げる訳です。上昇相場だけでなく、下落相場でもお金を稼いでみたい時は、レバレッジ取引がおすすめです。

現物とレバレッジはどちらが良いか

では現物とレバレッジの取引はどちらがおすすめかというと、それこそ状況次第です。大きなお金を動かしてみたい時は、やはりレバレッジ取引が推奨されます。しかしレバレッジ取引の場合、購入したコインを買い物などで使える訳ではありません。基本的には投資取引に限定されます。
それに対して現物取引の場合、もちろん買い物用のコインを調達する事も可能です。またレバレッジ型の取引と違って、リスクも比較的低めになる傾向があります。ほぼ確実にレバレッジ1倍での取引になりますから、リスクを抑える事も可能です。ローリスクな取引を希望するなら、現物が推奨されます。